【MICHIKOのコラム】春野菜 菜の花

日ざしもようやく緩む日を迎えるようになりました。
本格的な春、大地に緑がよみがえる季節がやってきます。

寒い冬~暖かい春へ。

そろそろ、スーパーの野菜売り場や八百屋さんには、色鮮やかで美味しそうな春野菜が出回っています。
ニョキニョキと元気よく芽を出す、栄養満点の春野菜たち。寒い冬の間に新陳代謝が鈍っていた体にも、新鮮な春野菜を取り入れて、体の中から「春=元気」にしたいものです。春野菜には冬の間にたまった毒素や老廃物を、春野菜の強い香りや苦みがデトックスしてくれます。つまり、旬の野菜とはその時期に体が一番求めているもの、体が欲しているものが美味しい野菜になるのです。

今月は、春野菜のひとつ、菜の花を使っています。


菜の花には唐辛子の辛味成分とは違いますが、「辛味」のもとになる成分グルコシノレートが含まれており、肝臓の解毒機能を強化するとわかっています。唐辛子との「辛味」の味わいの違いを楽しんでみませんか。また、抗酸化作用が大きく、免疫増強作用があると言われているカロテンも豊富です。唐辛子にも免疫力を高める効果があることがいわれていますから、ダブルの効果を実感してみましょう。
菜の花は、つぼみは固いもの、葉が色鮮やかでやわらかく、切り口がみずみずしいものを選びましょう。ビタミンCも豊富ですが、水溶性のため、ゆで過ぎたり、水にさらし過ぎたりしないように注意しましょう。

春は別れや出会いの季節、食べることはさまざまな効果があります。


気分にむらがあるとき、少し食べるだけでも気分は良くなるはずです。美味しいものを食べると自然と笑顔になりますよね。脂肪酸はポシティブな効果をもたらすともいわれていますが、脂っこいものが苦手な人もエンドルフィンを分泌することで知られる「辛い物」を食べると効果的です。
辛くて美味しい物を食べて、ご機嫌な春を迎えましょう。ただし、激辛が好きも沢山いらっしゃると思いますが、自分が美味しいと感じる量を食べましょう。

食養生士 調味料ソムリエ講師 MICHIKO
Ⓒ 2018/03.MICHICO.

いいね! 0
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする