唐辛子の伝道師が解説する「世界一辛い唐辛子キャロライナ・リーパー」

キャロライナ・リーパー

こんにちは。唐辛子の伝道師・伊藤です。

今回のブログは「キャロライナ・リーパー」についてです。ご存知の方も多いかもしれませんが、あのギネス記録に認定されている、世界一辛い唐辛子です。

職場の同僚や親しい友人、はたまた出会いの場なんかで「知ってる? 世界一辛い唐辛子は『キャロライナ・リーパー』っていうんだよ」なんて雑学を披露してみてはいかがでしょうか? もしかすると煙たがられるかもしれませんが…笑。

キャロライナ・リーパーとは?

キャロライナ・リーパーとは?

まずは概要について。キャロライナ・リーパーは、2017年10月現在「世界一辛い唐辛子」としてギネス記録に認定されている唐辛子です。「シネンセ種」という種類に分類され、栽培品種名は「HP22B」と言います。何だか戦闘機のような呼称ですね。

後に詳しくご紹介しますが、キャロライナ・リーパーは人の手によって作られました。2011年までギネス王者として君臨した「ブート・ジョロキア」と、日本でも有名な「ハバネロ」の交配により生み出された品種です。

2013年8月7日に「世界一辛い唐辛子」としてギネス記録に認定

2013年8月7日に「世界一辛い唐辛子」としてギネス記録に認定キャロライナ・リーパーがギネス記録に認定されたのは、2013年8月7日でした。そのときのスコヴィル値は1,569,300SHUで、個体によっては2,200,000SHUを超えたそうです。

ちなみにスコヴィル値とは、ざっくり説明すると「辛さを表す数値」のこと。比較対象としていくつか例をあげると、次のようになります。

  • ピーマン、シシトウ/0SHU
  • タバスコ/1,500~2,500SHU
  • ハバネロ250,000~450,000 SHU

正に桁違い! スコヴィル値については、本サイトの別ブログでも紹介していますので、興味のある方は読んでみてください。

【2017年最新版】激辛唐辛子ランキング

【2017年最新版】激辛唐辛子ランキング

名前の由来は「カロライナ州の死神」

「キャロライナ・リーパー」。ちょっとかっこいい名前だと思いませんか? 興味のある事柄の由来や起源というものは、何となく知りたくなってしまうものですね。ということで、その名の由来をご紹介します。

まず「キャロライナ(Carolina)」は、「サウスカロライナ(South Carolina)」で開発されたからです。カロライナ=キャロライナという訳ですね。意外と単純です。

次に「リーパー(Reaper)」。これは「死神」を意味します。死神は概念的に「Death」と表すこともありますが、タロットカードなどに描かれる大鎌を持ったガイコツ君は「リーパー」の方です。

つまり、「キャロライナ・リーパー=カロライナの死神」という訳ですね。

余談になりますが、そもそも「Reap」は「収穫する」という意味の英語。この言葉は、鎌を手に農作物などを刈り取るイメージがありますね。

画像を見ていただくと分かりやすいと思いますが、キャロライナ・リーパーには死神の持つ大鎌に似た「尻尾」があります。この辺も由来に関係しているという説があるようです。

キャロライナ・リーパー

実を言うとこの尻尾は、とても大切な役割を果たしています。それは、この唐辛子がキャロライナ・リーパーであること証明しているということ。

いくら毒々しい形をしていようが、ものすごく辛かろうが、この尻尾が無いものはキャロライナ・リーパーとは認められません。死神の大鎌に似た尻尾があって、はじめてキャロライナ・リーパーと認められるのです。

キャロライナ・リーパーの生みの親はEd “Smokin’” Currie(エド・カリー)氏

キャロライナ・リーパーの生みの親はEd “Smokin'” Currie(エド・カリー)氏

キャロライナ・リーパーは、自由の国アメリカで産声を上げました。場所は北大西洋に面するサウスカロライナ州ヨーク郡最大の都市ロックヒル。生みの親は、唐辛子関係の企業「パッカーバッド・カンパニー」の経営者であるEd “Smokin’” Currie(エド・カリー)氏です。

激辛唐辛子の栽培に挑戦する人々のことを「Chili heads」と呼びます。中には一攫千金を狙って栽培する人もいるようで、ブリーダーたちは日々品種改良を重ね、激辛唐辛子づくりに奮闘しているとのこと。

しかしキャロライナ・リーパーを作ったカリー氏は、彼らとは一線を画す理由から唐辛子栽培に着手したようです。これについては、「チリチリマガジン」さんの記事に詳細が書かれていました。

キャロライナ・リーパーとは – チリチリマガジン

要約すると、エド・カリー氏の家系はガンや心臓病に悩まされていて、この不運から脱却するべく、彼はこれら病気についての研究を始めたそうです。

世界中のデータを集めて病気の発症率の低い地域を分析。さらに食生活に着目します。するとどうでしょう日々の食卓に唐辛子が入っているではありませんか!…てな具合ですね。

ちなみにカリー氏は、その後も研究を続け、キャロライナ・リーパーを上回る辛さの唐辛子と生み出そうとしているようです。もはや「病気のための研究」を通り越してしまっているのかもしれませんね(笑)。

言葉では伝わらないキャロライナ・リーパーの辛さを伝えたい!

言葉では伝わらないキャロライナ・リーパーの辛さを伝えたい!

さて、キャロライナ・リーパーを語る上で外せない話題。そう、「辛さ」についてです。世界一辛いというのはいかほどのものなのか? 皆さん興味のあるところではないでしょうか?

「死ぬほど辛い!」と言ってもなかなか伝わらないと思いますので、まずは公開されているデータでご想像いただきたいと思います。

キャロライナ・リーパーのスコヴィル値は、最高記録の個体で2,200,000SHU(220万スコヴィル)。これは「220万倍に水で薄めれば辛くない」という意味。もう少し具体的に言えば、0SHUがピーマンなので、「220万倍に水で薄めればピーマンになる」ということです(笑)。

ちょっと計算してみましょう。仮に1gのキャロライナ・リーパーを食べたら、2,200,000ml=2,200Lの水を飲めば辛くないという訳ですね! ちなみに、私たち人間は60%が水分でできていると言われています。水分摂取量の目安は1日に約1.5L。えーと…2,200L だと1500日分くらいですかね! まず無理でしょう!

次にキャロライナ・リーパーの商品や、販売されている種に記されている注意書きを見てみましょう。以下は一例ですが、どれほどの辛さ・危険度かはきっと伝わると思います。

  • 失明しますので、取り扱いには十分に注意してください。
  • 直接吸い込まないようにしてください。
  • 取り扱いには「ゴーグル」、「手袋」、「マスク」が必須となります。
  • 皮膚がただれる場合がありますので、触れてしまった際には洗浄してください。
  • 何が起こっても弊社では責任を負いませんので、予めご了承願います。

食品に書いてある文面とは思えませんね!

さらにさらに、次は画像でご紹介します。

突然ですがワタクシ伊藤は、不肖ながらも唐辛子をこよなく愛し続け、今では自他ともに認める(?)唐辛子の伝道師という大層な肩書きまで頂戴しております。

唐辛子は我が子同然。目に入れても痛くはありません。そんな私がキャロライナ・リーパーを食べると、こうなります!

伊藤

伝わりましたでしょうか? 「そんなに辛いものなら食べたくない!」と思った方もいるでしょう。でも世界には、それでも進んで激辛唐辛子を食べちゃう猛者が存在するんです。

世界の勇者によるキャロライナ・リーパーチャレンジ

世界の勇者によるキャロライナ・リーパーチャレンジ

「世界一」と称されるものには、多くのチャレンジが寄せられます。もちろんキャロライナ・リーパーもその例に漏れず、さまざまな方面からのチャレンジャーが集っています。

キャロライナ・リーパーの大食いギネス記録更新

2016年にNYで行われたキャロライナ・リーパーの大食い大会。主催はもちろん生みの親であるエド・カリー氏です。

「1分間にいくつ食べられるか」というルールで行われた本大会で、恐るべき記録がたたき出されました。その数なんと22個!

 

勇者の名前はWayne Algenioさん。当時31歳の青年だそうです。もちろんギネス記録が更新されたことは言うまでもありません。

オーケストラとキャロライナ・リーパーがコラボ?

もうひとつ、一風変わったチャレンジをご紹介します。キャロライナ・リーパーを食べたオーケストラは、果たして無事に演奏できるのか? というチャレンジ。

演奏はデンマーク国立室内管弦楽団。曲目はヤコブ・ゲーゼ氏の名曲「タンゴ・ジェラシー」です!

序盤は華麗で荘厳な演奏が続きます(詳しくありませんが…)。1:37あたりで指揮者がキャロライナ・リーパーを手に微笑むと、メンバーも次々に激辛唐辛子を手に取ります。

全員が実を口に含み、演奏を再開。すると案の定! その辛さに顔をゆがめながらも演奏を続ける奏者の姿が!

Classical Orchestra eating the worlds hottest chili peppers feat. Chili Klaus

特に管楽器の人は大変そう…。

4:15に演奏が終了すると、「オゥ~」とか「アァ~」とか言いながらうなだれる皆さん。次々と舞台裏へ移動して行きます。水を飲みに行ったのであろうことは、想像に難しくありません。

しかし演奏をやり遂げるとは…さすがはプロフェッショナルですね!

最後に営業させてください!

いかがでしたでしょうか? 世界一辛い唐辛子キャロライナ・リーパーの魅力が伝わりましたか?

……もしかすると敬遠されてしまったかもしれませんね(泣)。読み返したら「キャロライナ・リーパーを食べてみたい!」と思わせるような内容ではないことに気づきました…。

でもでも、辛いもの好きの人にはおススメの品です! これは本当。国内で販売しているところは限られていると思いますので、ご興味のある方はぜひお買い求めください!

キャロライナ・リーパー|唐辛子専門店 ハクタカ

ではまた次回♪

いいね! 0
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする