【唐辛子 レシピ】唐揚げの一味唐辛子がけ

  • お酒のおつまみに、辛さと香ばしさがクセになる味わい♪
  • 唐揚げの油っぽさに、とうgらし、辛味がベストマッチ♪
  • 市販のあらあげに、一味唐辛子をかけるだけでも、OK♪

材料(二人分)

鶏もも肉 1枚
小麦粉 適量
こめ油 適量
レモン・パセリ 適量
A
にんにく 1/2個
はちみつ 小さじ1/2
唐辛子(パウダー) 適量
黒胡椒 適量

作り方

① 鶏肉は一口大に切り、(A)を揉み込んで、15分ほどおき、小麦粉をまぶす
② フライパンの高さ1cmほどにこめ油を入れ、180℃でキツネ色に焼く。


④ 器に盛り、レモンとパセリ、唐辛子(一味)を添える


完成

  • 残った油は、こして、炒め物などに使うと美味しい
  • 唐辛子の粉末=レッドペッパーを使いましたが、七味唐辛子や唐辛子の輪切りを使ってもOK

【MICHIKOのコラム】唐辛子の種類と使い方

形態はどう分けられるの?

 
 

〇ドライ

乾燥させたもので、保存がきくので手軽に使うことができます。

・ホール=まるのまま(原形)

ホールは、ほぼ原形のまま、乾燥させたものです。
種や適当な大きさにカットして使うこともできます。

 ・パウダー=粉末

 

パウダーはホールを細かく粉末状にしたものです。

 

〇フレッシュ

  

生で使用します。
  新鮮な香りと色合いをいかして、料理に使うことができます。

★どうやって、使うといいの!

〇ホールタイプ

ホールはたくさん入れ過ぎた、ということも少ないので、料理の初心者にも案外使いやすいものです。料理後に取り出すこともできます。

     

  • 鍋に少量の油を入れて、すこし温まったところに、唐辛子を入れて、弱火でじっくり炒めて油に香味と辛味を移します。くれぐれも焦がさないように。
  •  

  • ピクルスやポトフ等、汁が澄んだ状態で仕上げたい時は、ホールがオススメです。
  •  

〇パウダータイプ

 

パウダーは料理にそのままパッとふって使え、使用料も調整しやすいので、とても便利です。ただし、入りすぎてしまうことがあるので、気をつけて。

・素材の下ごしらえや、調理の“炒め”の味付け、仕上げなどに使用されます。

  • ・料理の途中や出来上がり近くになって、もう少し効かせたいというときは、パウダーがオススメです。分量の加減もわかりますし、香味もすぐにききます。入れすぎを防ぐためにも、手やスプーンにとって、様子を見ながら足していきましょう。
  • ・湿気や熱から瓶の中のスパイスを守るため、瓶から鍋に直接振りいれないように。

★使い方のアドバイス!

 

☆少しずつ、様子をみながら加えていきましょう

  

辛味は後からでも足すことができますので、少量を入れて様子を見て、足りなかったら、加えるようにしましょう。

☆赤唐辛子は、細かさと量、熱を加える時間により辛さが変わります。

 

ホールよりもあら切り、あら切りよりパウダー状というように、細かいほど辛く、
 また、煮込むほうが辛くなります。食感を損なわず辛くしたい時は、ホールを使い、食べる直前に取りだしましょう。

☆ホールでもパウダーでも、古くなって香味が弱くなったら、弱火で炒ると香りが立ちます。